>  > 【ブリッツ】スマスロ BSSG1 SUBARU レガシィB4 (LEGACY B4) 08/06-09/05 BL9改 EJ25

« 大御心 | トップページ | zoom/ズーム 200kgf/mm^2 ダウンフォース 1台分 三菱/ミツビシ/MITSUBISHI ekスポーツ H82W 3G83 H18/9~ 4WD地縁の復活 »

2011年4月 6日 (水)

BL9改 【ブリッツ】スマスロ B4) BSSG1 08/06-09/05 レガシィB4 SUBARU 【ブリッツ】スマスロ EJ25 B4) (LEGACY

昨日言及した今上陛下のビデオメッセージの中で、以下の冒頭の御発言に注目したい。

この大災害を生き抜き、被災者としての自らを励ましつつ、これからの日々を生きようとしている人々の雄々しさに深く胸を打たれています」

この雄々しさだが、以下の明治天皇の御製を意識されたものだと思われる。

敷島の大和心のををしさは 事ある時ぞあらはれにける

ををしさ(雄々しさ)とは、教育勅語にある一旦緩急あれば、義勇公に奉じると重なるのであり、まさに国難に直面した東日本の人々の心に、身に、雄々しさが漲っているのだ。ここで、評論家の佐藤優氏の講演会に出席した同志が、佐藤氏が「ををしさ」について言及したビデオを撮ったと教えてくれたので、以下に紹介しておこう。

Skypeで海外の友人とも語り合ったが、やはり日本人の持つ雄々しさ、そして冷静に行動する日本人の姿に、胸を打たれたという人たちが多く、同じ日本人として誇りに思う。

数日前になるが、

【ブリッツ】スマスロ BSSG1 SUBARU レガシィB4 (LEGACY B4) 08/06-09/05 BL9改 EJ25【新作アイテムをcheck!】

、夕食時に何気なくテレビの画面を見ると、気仙沼市の小学校の卒業式の様子が放映されていた。卒業式の後、インタビューを受けていた小学校六年生の女の子が、「(行方の分からない)お母さんにも出席して欲しかったです」と、淡々と答えている健気な姿を見て、思わず熱いものがこみ上げてきた。ここにも大和撫子の雄々しさを垣間見た思いだった。

小学校六年生の女の子や他の被災者だけではない。被災した東日本の人たちのため、懸命に取り組んでいる10万人の自衛隊員の方々、福島原発において命懸けで取り組んでいる東電の関係会社の社員、また東芝や日立の社員には、本当に頭の下がる思いだ。そして、関西大震災で真っ先に救助の手を差し伸べたのが、山口組の仁侠だったように、今回は仙台をホームグラウンドとする後藤組の仁侠が、身体を張って被災者のために動いたことは明らかにしておかねばなるまい。仁侠については拙ブログでも取り上げたので、関心の有る方は一読のこと。
『侠-墨子』

以下は、本日(4/6)付けの東京新聞朝刊

 

 

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-6436