>  > 14インチ サマータイヤ セット【ハイゼット キャディー(LA700系)】MANARAY ユーロストリーム BV25 ブロンザイトレイヤード 4.5Jx14ヨコハマ エコス ES31 155/65R14

14インチ サマータイヤ セット【ハイゼット キャディー(LA700系)】MANARAY ユーロストリーム BV25 ブロンザイトレイヤード 4.5Jx14ヨコハマ エコス ES31 155/65R14

  • トップ
  • 伊熊昭等の試乗レポート_2

サマータイヤ キャディー(LA700系)】MANARAY エコス ブロンザイトレイヤード ユーロストリーム セット【ハイゼット 4.5Jx14ヨコハマ 155/65R14 BV25 4.5Jx14ヨコハマ 14インチ キャディー(LA700系)】MANARAY ES31

  • a i マネジメント・オフィス代表伊熊昭等は、国内外の新車に試乗をしてユーザーの視点でレポート行っています。順次情報をアップしますのでこれから購入予定の方は参考にしてください CUSCO (クスコ) LSD type RS トヨタ マーク MX83 90.8 - 93.2 1way(1&2way) [LSD 160 F]。なお、内容は、あくまで個人的な評価ですので予めご承知置き願います。

14インチ サマータイヤ セット【ハイゼット キャディー(LA700系)】MANARAY X ユーロストリーム BV25 ブロンザイトレイヤード 4.5Jx14ヨコハマ AE11#G エコス ES31 155/65R14




  • スポーツタイプの軽自動車でデザインの斬新さから今から注文しても来年の4月以降でないと手に入らないという人気車です。
  • 660cc3気筒、最大64馬力ターボ・エンジンを搭載しミッドシップ・リアドライブ(MR)となっていますが、いわゆる、リアエンジン・リアドライブ(RR)という最近お目にかかれない方式です 新品▼ グランドチェロキー WJ40 01-05y R左 ウィンドウモーター ジープ リア ウィンドウレギュレーター 。このRR方式は、1962年(昭和37年)に発売されたマツダ「初代キャロル」にすでに採用されていました。私も小学生のころ叔父が運転するこの車に乗ったのを覚えています。荷物を入れるトランクルームが前にあるという面白い自動車であったことと、後部座席に乗っていてエンジンの振動音が大きく酔ってしまったという苦い思い出のある車でした。
  • さて、試乗しての第一印象は、「室内が煩い!」「硬い!ゴツゴツしている!」低いドライブポジションからまるでゴーカートに乗っている感じでした。エンジンルームと室内間の遮音がほとんど考慮されずエンジン音がダイレクトに飛び込み、アクセル踏み込むと「ターボのON/OFF」の音も良く聞えます。スポーツ・モードにすると軽自動車とは思えない加速性で軽快な走りを楽しめます。
  • しかし、エンジンやターボのON/OFFの「音質」が余りにも悪すぎ、「楽しめるエンジン音」ではなく「単なる騒音」としか感じませんでした。
  • 従来のホンダ車は、エンジンの音も楽しむことのできる設計がされてそれがホンダ車の個性でもありましたが「S660」開発者には、「音質評価」という感性が無いのではと疑いたくもなりました。加えて、エンジンの振動音がハンドルに結構伝わり、短時間の試乗でしたが手が疲れました。
  • 最近、同じ軽自動車のスポーツ車、ダイハツの「COPEN」を試乗しましたが、「S660」と比較して私はダイハツの「COPEN」に軍配を上げます カードでポイント最大34倍 3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 ミシュラン PRIMACY4 プライマシー4 サマータイヤ 215/50R17 WEDS ウェッズ Leonis レオニス FY ホイールセット 4本 17インチ 17 X 7 +53 5穴 114.3。

ダイハツ「COPEN」(2015年)



  • ​フルモデルチェンジをしたダイハツ「COPEN」の試乗レポートです カードでポイント最大34倍 3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 YOKOHAMA ヨコハマ アドバン ネオバ AD08R NEOVA サマータイヤ 195/45R16 KYOHO STINER シュタイナー LSV ホイールセット 4本 16インチ 16 X 6 +45 4穴 100。
  • ダイハツは、「TANTO」や「MOVE」など人気車を発売する「軽自動車」部門では国内トップレベルの会社です。
  • ダイハツ車では、以前「MOVE」を試乗したことがありますがトータル・バランスの良さと運転のし易さに感心したものでした。
  • 「COPEN」は、軽自動車のスポーツタイプという独特のモデルで2002年から発売をしていましたが今回、12年ぶりの発売で、その中で6月にリリースした「COPEN Cero」を試乗しました。独特のヘッドライトと二人乗りでスイッチ一つでオープンカーとしても使える660cc3気筒、最大64馬力ターボ・エンジンを搭載しています。
  • 試乗してみると、シートのフィット感は良いのですが低いドライブポジションで視界がやや狭く、硬めのゴツゴツした乗り心地からお世辞にも静かとは言えませんでしたが暫くして段々慣れてくると結構「面白い車だ」ということが分かりました。
  • 路面をしっかり捉え、車体に変なゆれも少なく、ハンドルのさばきも自分の期待通りに反応します。CVTによる加速性も軽自動車としては充分なレベルです。
  • 「COPEN」のコンセプトは「クルマって楽しいを届けたい」です。其の通りで私のあこがれは「自分一人で自由なドライブを楽しむ」ですがそれに合った車です。
  • 価格、維持費の点でもちょっとした買い物にも使えるセカンド・カーとしてお勧めできる車です(勿論、お財布に余裕があればですが・・・・・・)。

 

マツダ「ATENZA」セダン(2015年)



{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-9763