>  > BBS RG-R 7.0J-17とYOKOHAMA DNA ECOS 205/40R17の4本セット

205/40R17の4本セット 7.0J-17とYOKOHAMA RG-R BBS DNA ECOS RG-R ECOS

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラコラム山脈周辺の言語と宗教

今日、一般入試B方式を受験された皆さま、お疲れ様でした。

***
「草原の椅子」観てきました。の続きです。

フンザが舞台のこの映画公開に合わせて、カラコラム(カラコルム)山脈周辺の言語と宗教について、少し述べてみます。

20世紀になってカンチェンジュンガなどシッキムの高峰に欧米人が遠征するようになると、現地シッキムやネパールの民族であるシェルパ族が高山での荷運びその他の行動にたいへん役立つことが分かってきました。第2次大戦後ネパールが開国されるとその活躍はいっそう知られていくようになります。

第2次大戦前、世界第2のK2ほか多くの高峰を擁するカラコラム山脈でも、わざわざシェルパ族を連れてきて高所ポーターとして使うようになります。しかし、これはインド・パキスタン分離独立によって不可能になりました。
これによってパキスタン側から登るとき、(一般の)ポーターも高所ポーターもみな現地の人々に求めるようになりました。
しかし、60年代くらいの日本隊の遠征記録を見ると分かりますが、このポーターたちの評判が悪かった。

理由はいろいろ考えられるのでしょうが、少なくとも最大の理由は彼らの性格が悪かったり 【激安!】T170 コロナ RECARO レカロ シートレールベース 右側 RH / 2F8-427、高所ポーターとしての資質が劣るのでなく 【クーポン利用で最大1200円OFF!】DIXCEL BRAKE PAD EC Type フロント用 マツダ CX-3 DK5FW/DK5AW用 (EC-351326)【ブレーキパッド】ディクセル ECタイプ、この地域カラコラム周辺地域の言語や民族について、各遠征隊があまりにも無知であったから、と私は考えています。
現在ではさすがに50年前の状況とは違いますが、それでもこの地域の言語状況、宗教状況が十分に把握されているとは思えません。

なお、以下の部分、東海大学K2登山隊登頂5周年!で触れました 、当時ゼミ生だった青木達哉さんの卒業論文をかなり参考にしています。

まず、地図―地球儀ビューアー NASA World Windで紹介したソフトの図を元に地名追加
(クリックで1197*853ピクセル、205KBに拡大します):


カラコラムの高峰はだいたい5大氷河――バトゥラ、ヒスパル(ヒスパー)、ビアフォ、バルトロ、シアチェン――に沿って分布しているので氷河ごとに見ていきますが、その前に「草原の椅子」関連で。

この地域の中心はギルギットですが、ここの主要言語はインド系のシナー語。ただしインド系といってもパキスタン最大言語のウルドゥー語などとはかなり異なる言葉です。
宗教は、イスラーム教シーア派の中の十二イマーム派。イランで多数を占める宗派と同じです。以下、たんにシーア派と書きます。

「草原の椅子」に出てきたフンザ(正確には中フンザ)ですが、宗教はイスラーム教のイスマーイール派。大きく見ればシーア派ですが十二イマーム派とは異なりますし 【送料無料】 245/35R20 20インチ WEDS ウェッズ マーベリック 605S 8.5J 8.50-20 FALKEN ファルケン アゼニス FK510 サマータイヤ ホイール4本セット フジコーポレーション、現地ではたんにイスマーイール派と呼ばれているようです。ファーティマ朝を作った宗派ですし、暗殺教団として有名になったのもイスマーイール派です。現在、

BBS RG-R 7.0J-17とYOKOHAMA DNA ECOS 205/40R17の4本セット,[#tong##]

BBS RG-Rビービーエス アールジーアールレーシングカーは時速300km前後という高速で、曲がりくねったコースを走行するために、タイヤとホイールは非常に大きな熱をもち、あらゆる方向から強力な荷重を受けます。しかもマシンの性能を十分に発揮させるためには、ホイールは剛性があり軽くなければならないのです。ホイールのデザインは、ただ美しいからという理由だけでなく、機能的な面をも考慮されなければならないのです。なぜBBSホイールがクロススポークデザイン(ドイツではメッシュデザインのことをそう呼ぶ)にこだわるのか・・・。その理由は、ホイール自体の軽量化に役立つとともに、放熱効果が高く、荷重に対するバランスが非常に良いためです。BBSクロススポークデザインは、モータースポーツを出発点としている歴史的・技術的関わりから必然的に生まれたものなのです。1970~80年代、BBSレーシングホイールを装着したマシンがヨーロッパのメジャーレースで圧倒的な実績を残しています。日本国内においても例えば、1987年富士スピードウェイで開催された世界耐久選手権(WEC)グループCでは、1位から7位までがBBSを装着していました。そして1992年よりF-1フェラーリチームの足元をBBSは支え続けています。ハイテクノロジーの集合体であるF-1マシンにBBS鍛造ホイールが装着され続けているというその事実は、BBSクオリティの高さの証明です。<ホイールカラー>ダイヤモンドシルバークリア(DSK)ダイヤモンドブラッククリア(DBK)シルバークリアポリッシュ(SP)ゴールドクリアポリッシュ(GP)ブラッククリアポリッシュ(BP)※ 下段3種のSP/GP/BPは受注生産対応となります。納期など詳しくはお問合せ下さいませ。<サイズ>サイズインセットPCD品番7.0J-17+42/+505/114.3RG710/RG784+425/100RG778+38/+454/100RG712/RG7937.5J-17+38/+485/114.3RG716/RG744+35/+485/100RG751/RG714/RG799※ ホイール幅「7.5J」は1台分で6,000円(税別)upとなります。●こちらのセット商品は組込&バランス作業済みです。取付用ナットも付属となります。※ ご注文の際に価格UPの仕様をお選び頂いてものシステム上、自動で金額の加算はされません。ご注文後、弊社での確認作業によって加算が適応となりますので弊社から送られる注文確認メールをご確認下さい。こちらに掲載されていないタイヤ銘柄、タイヤサイズや車種でもセット組みOKです!詳細はお手数ですがお問い合わせください。<車検対応について>製品のご使用はユーザー様の責任において道路運送法の保安基準の合致内容をご理解の上ご使用ください。※掲載写真は商品イメージです。サイズ、仕様により現品と異なる場合がございます。 商品情報【タイヤ銘柄】YOKOHAMA DNA ECOSヨコハマ ディーエヌエー エコス【タイヤ特長】【タイヤのタイプ】コンフォートタイプ「合体ゴム」の採用でロングライフを実現しながら高いウエットグリップ性能と優れた省燃費性能を実現しました。<店長からのオススメのポイント>高い基本性能と優れたコストパフォーマンスでどんな車にもマッチします。●快適性を重視しながらもコストパフォーマンスを重視するお客様に輸入車、国産車を問わず小型車~大型車に最適です。【納期】こちらの商品はご注文をいただいてから組立生産を開始する受注生産品です。※ 商品の納期は常時変動いたしております。お急ぎご入用の場合、お手数ですがご注文の前に一度納期をご確認ください。【注意事項】★ 御注文をいただける際には装着可否もございますので装着予定の車種、グレード、年式、型式、をご入力下さいませ。※ こちらの商品は代金引換でのお支払いはお承りしておりません。代金引換以外のお支払い方法をご選択下さい。● 店頭にご来店頂いての取付作業も可能です。作業工賃は別途発生します。詳しくは各店舗へと直接お問い合わせ下さい。● 遠隔地、島嶼部など一部地域につきましては別途追加送料が掛かる場合がございますので予めご了承下さい。<車検対応について>製品のご使用はユーザー様の責任において道路運送法の保安基準の合致内容をご理解の上ご使用ください。※掲載写真は商品イメージです。サイズ、仕様により現品と異なる場合がございます。

、この派をリードしているアーガー・ハーン4世やその祖父であるアーガー・ハーン3世はサラブレッド競走馬の生産・所有者としても有名です。ただし、中フンザには一部シーア派もいます。

フンザは、言語も独特です。彼らの言語はブルシャスキー語といい、世界でもフンザやその対岸のナガルおよび少し西の地域でしか話されていません。また、系統的にも不明で、孤立した言語です。

「草原の椅子」でさばくのロケをしたのが、スカルドゥやシガルの近くだったそうです。
こちらは、ビアフォ氷河やバルトロ氷河のまわりの山々、すなわちK2などが連なる山岳への出発基地ともなる地ですが、ここいらの支配的宗派はシーア派です。
言語は、チベット系のバルティ語。

さて データシステム バスタースポーツマフラー デュアル 左右出し 3J101W ニッサン セドリック/グロリア HY34(TB) VQ30DET 1999年06月~2004年10月、(中)フンザ――カリーマーバードなど――からさらに北に進みますと上フンザ地域に入ります。パスーの少し先から北西に入るとバトゥラ氷河です。この氷河の南についたてのように尾根が連なっています。
パスーなど上フンザ地域は、宗教的にはイスマーイール派が多数ですが、言語はイラン系のワヒー語となっています。彼らはもともとは10年前のTV番組:鶴田真由さんのアフガニスタン行で紹介したワハーン回廊にいたのが移住してきた、と言われています。

クライミングスクールがあり、現在、カラコラムの遠征隊で多くの高所ポーターを輩出しているシムシャールも同じです。東海大学K2登山隊登頂5周年!の時の高所ポーターもシムシャール出身でした。

さて(中)フンザの対岸は、ナガルで、ここから東に遡るとヒスパル氷河になります。氷河の北側に大きな山がいくつか聳え立っています。
フンザとナガルは、伝統的にとても仲が悪かったようです。ナガル地域の言語はブルシャスキー語が多数で、シナー語がそれに次ぐ。
宗教は、フンザとは異なりシーア派です。

スカルドゥ、シガルについては既に述べました。さらに登ったアスコーレも含めてバルティ語、シーア派です。
ここからロッククライマー好みの岩峰の多いビアフォ氷河、そしてカラコラムを代表する巨峰が林立するバルトロ氷河にアプローチできます。

しかし、上述の東海大K2登山隊は、スカルドゥ側だけでなく、フーシェ谷を降りたマチルー、ハプルー(カプルー)からもトレッキングガイドやコックを雇っていました。
彼らはバルティ語を話しますが [ホイール1本(単品)] RAYS / gram LIGHTS 57ANA (HF) 17インチ×7.0J PCD:114.3 穴数:5 インセット:53、イスラームの宗派はシーア派ではなく、世界でもここらへんにしかいないヌールバフシュ派に属します。
現在はマチルーにもクライミングスクールがあるのでここから優秀な高所ポーターも出てくるでしょう。シムシャールのと違って、こちらのスクールはフンザなどからも学びに来ている人がいるようです。

バルティ語、ヌールバフシュ派の地域はしばらく東まで続くと思われますが、シアチェン氷河は現在インド・パキスタン両軍が対峙するところなので、登山どころではありません。さらに東に行くとチベット仏教の世界になります。

現代社会の常として、地方にも中央の多数派、ウルドゥー語&イスラーム教スンナ派、の人々や地方中心地の人々(シナー語&シーア派)が入り込んでいくことは進行していくでしょう。
(連絡将校は、ウルドゥー語&スンナ派がふつうだと思います。)

こういった複雑な状況の地域なのです。さらに同一の言語宗派であっても、シムシャールやヒスパルのような流刑地としても機能していた地に対する意識もあります。
こういった多様性を十分に理解していなかったがために、カラコラム地域のポーターたちに対する悪口が広まっていったのかな、と当時の報告を読みながら考えてしまいます。

***
なお、ここで卒論の成果をお借りした青木達哉さん、ゼミ卒業生がヒマラヤの難ルート初登攀でお知らせしたように昨秋、ネパール・ヒマラヤで素晴らしい成果を収めました。

『岳人』の3月号に隊長の花谷さんの詳細なレポート、またもう一人の隊員、最年長の馬目さんの作成された素晴らしいビデオClimbers Story Vol.1 "The Nima Line" - YouTubeもご参照ください。5日目のナイフリッジの様子は、見てるだけで怖くなります。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新トラックバック
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-71781