意識が回復した当初は、指を動かしたり喋る練習等のリハビリしかできなかったものの、3年ほど経った頃には杖をついて歩く事ができるようになりました。

再び高校進学を考えましたが、当時18歳の自分が16歳の高校一年生と肩を並べて毎日を過ごす事は想像しづらく、毎日登校する必要の無い通信制の高校に行くことにしました。
しかし、体育やHR等で毎月数回は登校しなければなりませんでした。

最も辛かったのは体育の授業でした。走る、飛ぶ、投げる。自分には全ての動作が困難で、改めて障害を負ったという事実を突きつけられました。毎回ショックで気を失いそうになりながら出席していました。

その後も誰ともコミュニケーションを取らずに生活を続けていると、そんな僕を見兼ねた担任の先生から、
「沼田くんはもっとあきらめたほうがいいよ」という言葉をもらったんです。

聞いた時は耳を疑いました。本当にひどいことを言う人だと思いました。体育の授業や運動会の準備で僕が苦しんでることを知っている筈なのに、なぜそんなことを言うんだろうと 。

でも話をよく聞くと、とても深い意味がありました。

「今、あきらめるという言葉は、物事を断念するというニュアンスで使われることが非常に多いよね 【AC-パフォーマンスライン】 アルミ メッキ (フロント) スモーク(GSXR400 86-87) 【32153100S】。でも昔は違ったんだ。
昔は物事を明るみにして、出来る事と出来ない事を瞬時に判断するという意味で使われていた J80022057 カワサキ純正×ゴールドウイン 2018年秋冬モデル リアルスポーツ ウインターグローブII 黒 Mサイズ J8002-2057 HD店。漢字にすると”明らめる”だ。
もちろん僕が沼田君に言っているのは昔の”あきらめる”だよ」と。

沼田君はもっと色々な事をあきらかにしなさい。そして自分に出来る事だけを一生懸命やりなさい。
そう言われた瞬間、雷に打たれたような気持ちになりました [3DDesign]BMW F32 435i(N55B30A)用ブースターチップ。僕の身に起きたはじめてのパラダイムシフトでした。

今までは身の回りのこと全て何でもやりたがっていて、できないことばかりだったから歯がゆかったのだということがわかりました。
その瞬間から「やらない」という判断が後ろ向きなことではなくなったんです。

それからは読書や勉強など自分にできることだけに挑戦し続けました。