>  > 2輪 POSH Faith マシンドヘッドライトステー セパレートクランプタイプ
永井電子/ULTRA シリコーンパワープラグコード ミツビシ ディアマンテ
ヴェルファイア(08.5~15.1)ANH20W G's■プロジェクトμ ブレーキパッド BESTOP 前後セット 【送料無料】

2輪 POSH Faith マシンドヘッドライトステー セパレートクランプタイプ

2輪 POSH Faith LEGACY マシンドヘッドライトステー スリップオンマフラー セパレートクランプタイプ

03 « 2019/04 » 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
 
■プロフィール

Author:空猫
FC2ブログへようこそ!

■最新記事

■最新コメント

■最新トラックバック

■月別アーカイブ

■カテゴリ

■検索フォーム


■RSSリンクの表示

■リンク

このブログをリンクに追加する

■QRコード

スポンサーサイト
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
バトランド(3)
2014-06-15 Sun
「くぉらクリフトぉーーーっ!!!」

 敵と刃を交えながらのソロの怒声に、仲間たちは魔物の相手も放り出して、クリフトを取り押さえた。

 ソロは目下の敵を一刀のもとに伏し、厳しい表情のまま天を指す。

「ライデイィィィン!」

 たちまち雷鳴が轟き、団子になった仲間たちに襲い掛かろうとしていたアイスコンドルを撃った。

 魔物の巨体が空から落ちると、後にはソロのつく荒い呼吸と、死骸が帯びた電気がばちばちと爆ぜる音が残った。

 仲間たちは、深く嘆息した。

「……申し訳ありません……」
 クリフトが意気消沈して言い、それを聞いた仲間たちは、ようやく彼を解放した。

「おまえなあ」
 ソロが歩み寄る。

「何度言ったらわかるんだ、この、クソボケ神官があっ!!」

 怒鳴りながら、クリフトの神官帽をぽかりと殴り、クリフトは、あっ、と傾いだ。

「マホカンタ唱えた相手にザキんなって言ってんだろうがっ!」
「す、すみません」

「確かに、困りものよねえ」
 マーニャが嘆息する。
「これで何度目かしら。戦闘中に味方を標的にするの」

「この辺はベレスが多いですからね」
 トルネコも、先程ソロが切り伏せたベレスの躯を見やった。

「おまえは戦力外だ ACRE ブレーキディスクローター スタンダードタイプ フロント左右2枚 ミラージュ ミラージュ アスティ CM8A アクレ、クリフト」
 ソロは通告した。
「馬車にいろ」

 蒼白なクリフトに、さらに追い打ちをかける。
「なんだ? それともおまえひとり旅から外れてもいいんだぜ? 船で留守番でもしてるか?」

 アリーナが無言でソロの足を踏んだので、ソロは飛び上がった。

「なにしやがるっ!?」
「みなさーん、勇者のソロくんはー、お姫様であるわたしのことをー」
「わーっわーっわーっ!!」

 ソロが慌ててアリーナの口を塞ぐのを、残りのメンバーはぽかんと見ている。

「わかった、わかったから、それを言うな!」
「ふん!」
 アリーナはそっぽを向いた。

「クリフトをいじめるからよ」

「それにしても、困ったものですな」
 ライアンが、珍しく嘆息混じりに言った。
「ザキを制御できないのでは……今後も気を抜けませんぞ」

「マホカンタはザキの天敵ですものね」
「跳ね返されたら、こっちが御陀仏だものねー。洒落にもなんないわ」

 小さくなったクリフトの横で、全員が溜息をつく。

「しかしそろそろ、この辺りじゃがのう」
 ブライが話題を変えた。
「あの山に噴煙が見える。溶岩流が来るとすれば、あの麓付近じゃろうの」

「いよいよマグマの杖の効力が拝めますね」
 トルネコがわくわくと目を輝かせた。

 一行は、ガーデンブルグへ通じる洞窟付近まで、馬車を進めていた。








 マグマの杖は、遺憾なくその効果を発揮した。洞窟を塞いだ巨大な堆積物を灼熱させ、融解させ、退けた。

 膨大な熱量に、ブライは氷のシールドを張った。それでも、すべての事象が止むまでに、一行は汗みどろになっていた。

「うっわ、べとべと、気持ち悪いっ」
「洞窟内の熱が去るまでは通行は無理ですな」
「一日二日、付近で野営しよう」
「川、探すわ。耐えられない」
「温泉が沸きそうな地形じゃがのう……」

 ブライの言葉に、一行は目を輝かせた。

「確かに……噴火が起こるまでは、この辺りにも宿があったはず」
 ライアンが肯定し、温泉探しが始まった。

 そうして間もなく ガルクラフト ブレットビキニタイプM PRBLU/スモーク BALIUS/2 《ガルクラフト GBM-019》、古い湯治場が見つかり、歓声が響き渡った。





「ねえ、ソロ? こっち手伝ってくれない?」

 野営の準備に追われるアリーナが、風呂上がりのソロに声を掛ける。
 火照った体を涼ませたいと思っていたソロは、面倒だなと考え 【イベント開催中!】 WirusWin ウイルズウィン フルエキゾーストマフラー プレミアムマフラー ステンレス仕様 重低音バージョン GEMMA [ジェンマ]、止まった。

「……やだね」
「みなさーん! 勇者のソロくんはー!」
「わーっ! わーった、わーったって!!」

 慌てるソロに、アリーナがにっこりと笑う。

 バトランド以来、ソロはアリーナをかわいいなと思うようになった。彼の幼馴染みとはまったく方向性の違う女の子だが、同い年でもあり、同等の目線で話ができるということに今更気付いた。

 それを考慮に入れても、あの時、自分はやはり、どうかしていた。一瞬なりとも、彼女に対する邪な欲望を抱かなければ、あんなことをしようとはしなかっただろう。突然抱き締めるなど。

 けれど、あの衝動を 、あの場で制御することが可能だっただろうか。クリフトはいつもそういう衝動と戦っていたのではないか。

 ……あれ以来、クリフトの焦りや苛立ちが少し (クーポン配布中)ハリケーン SL230/ブロンコ ミニブレットウインカーKIT(オレンジレンズ) HA5304-02、わかる。

「こないだは……悪かったな。あんなことして」

 ぼそぼそと謝罪するソロに、アリーナはきょとんとし、それからやおら、ソロの額に手のひらを当てた。

「……なんのつもりだ?」
「ん。ソロってこんな人だったかなと思って。大丈夫?」

 ソロはふてくされ気味に嘆息した。

「わかってるよ」
 アリーナが苦笑する。

「何をだよ」
「ソロがわたしを見てるわけじゃないってこと」

 思わず固まるソロに、アリーナは笑う。……寂しげだった。

「ソロは、クリフトのこと、おかしいって言ったけど。わたしにしてみれば、ソロだってクリフトと同じ」

「……おまえ」
 気付いているのか。クリフトの中にある想いに。

「寂しいのかもしれないけど。わたしはわたしじゃない人にはなれないわ。代わりはできるのかもしれないけど、いつもは無理よ。だから」

 アリーナに見据えられ、ソロは確信した。

「二度とそんな気持ちで、わたしに触らないで」

 自分がしたことは、たいしたことではない。ソロはそう思っている。ほんの出来心で、アリーナをどうこうしようなどとは考えていなかった。その一瞬さえ過ぎれば、なかったも同然の気持ちだったはずなのに。

 アリーナは、その一瞬のために、苦しむのだろう。

「おまえ、クリフトが、好きなのか?」
「……え?」

 ソロの問いに、アリーナは驚いた表情を返した。少々考え込む。

「……そりゃあね」
 あっさりと言われ、ソロは拍子抜けした気分になった。

「身分、違うだろ。あいつとじゃ」
「身分?」
 アリーナはきょとんとし、笑った。
「クリフトは聖職者だもの。身分なんて元々ないし」

 それから、また寂しげな表情に戻る。アリーナはすぐに顔に出るので、わかりやすい。

「……姫様が望めば、そんなもの、関係ないわ」








 クリフトは、林に入ってゆくアリーナの背を認め、追った。

 最近のアリーナは妙にソロと仲がいい。気になってはいるが、仲間と仲良くすることを咎めるわけにもゆかず、ひとり悶々と過ごしていた。

 馬車の旅の最中は、

、ふたりきりになるということが極めて少ない。そばにいても、焦れったい思いがするだけだ。そんな時に魔物が現れれば、クリフトはたいてい致死呪文を唱えている。

 アリーナへの気持ちと死の魔法。関連性がわからない。

 前方に視界が開け、湖が見えた。アリーナはそのそばに佇んでいる。
 先程から風が強くなっている。アリーナの豊かな赤毛が不規則に舞っていた。

 クリフトは、背後から近付き、声を掛けようと手を伸ばした。アリーナが振り向いた。

「……………!!」

「クリフト!?」
 アリーナは叫んだ。クリフトは右腕を押さえてうずくまった。

「うそ、ごめん、ごめんね。大丈夫?」
「……平気です」
 クリフトは無理に笑みを作った。自らに回復魔法をかける。

 アリーナは振り向きざまに、鉄の爪を振るった。無意識だったのだろう。背後に突然気配を感じたからだ。

「すみません。突然、背後から近付いたりして……驚かせてしまいましたね」
「ほんとにごめん」
「大丈夫ですから」

 今にも泣き出しそうなアリーナの表情に苦笑し、クリフトは傷の塞がった右腕を掲げて見せようとした。

 アリーナが、びくりと身を引いた。

「姫様?」
 アリーナの反応に驚いたクリフトが聞くと、アリーナはハッとして笑う。
「あ、なんでもない……さすがクリフトね。鉄の爪もクリフトのホイミには形無しだわ」
 無理をしているのが見て取れた。

 アリーナが警戒したのは、この、右手か……?

 クリフトはようやく気付いた。すべてはこの右手から始まるのだということに。








 ベレスの用いる反射魔法に怯えながらも、さらに三日を野で過ごし 14インチ サマータイヤ セット【R2(RC系)】MANARAY ユーロストリーム BV25 ブロンザイトレイヤード 4.5Jx14ヨコハマ エコス ES31 155/65R14、四日目、未だ熱のこもる洞窟を抜け、一行はいよいよガーデンブルグ領へと踏み入れた。





アルティナ リーフ ZAA-AZE0 スタイリッシュ レザー シートカバー 品番 6001 Artina 一台分バトランド(2)へ / ガーデンブルグ(1)へ

ドラゴンクエストⅣ 目次


パラレル | 04:30:09 | トラックバック(0) | コメント(1)
« ガーデンブルグ(1) | ホーム | バトランド(2) »
コメント
クリフトの魅力とは
ずばり「人間らしさ」でしょう。

 1 ザキ乱発
 2 実は姫様好き
 3 攻撃力弱い
 4 体が弱い(?)
 5 高所恐怖症

うむ。これだけの弱みを持っているキャラはDQ4ではほかにない。

うちの人も一見スマートなインテリ気取って(?)ますが、中身はやっぱり上記のような親しみやすいクリフトさんです。


それにしても、

2輪 POSH Faith マシンドヘッドライトステー セパレートクランプタイプ

、ザキが使えるばっかりに散々な扱いですよね。
2014-06-15 日 05:11:20 | URL | 空猫 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Copyright ©2輪 POSH Faith マシンドヘッドライトステー セパレートクランプタイプ All Rights Reserved. 2019 天空遊歩 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
{yahoojp} {kuudq4.blog.fc2.com}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-41372